FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、このブログで「ハバネロ」という激辛トウガラシを紹介しましたが。
そやつを超える辛さのトウガラシが赤く色付き始めました。
その名も「ブート・ジョロキア」
ハバネロと比べると長細く全体的にシワシワな感じで、やや大きめ。熟度もやや晩生の様。

せっかく栽培したんだし、作ってる人がどんくらい辛いか知らない訳にはいかん!
そう意気込んで、先っちょを勢いに任せてガブッとカジってみた。

………。
辛い痛い痛い痛い辛い痛いっ!!

口の中に一気に辛さが広がって、熱くなって痛くて口が半開き状態。
水を飲んでも牛乳飲んでもいつまでも辛くって、こりゃ酷い有様で食べたの後悔。

ハバネロはすんごい辛いけど香りがあって美味しいトウガラシって思った。
でもジョロキア食べたら、これも香りがあるなって思ったその後ちょっと青臭い感じだった。
もうストレートに辛いっ!というのが正直な感想。
これは食べ比べてもらうのが1番分かってもらえると思う。

調べると辛さを表す単位で言うと、ハバネロの約二倍の100万スコヴィルを超えるらしい。
ここまで辛いと、その差は五十歩百歩って気がするけど。
でもその単位の響きが単にすげぇって思っちゃう。

おかげさまでハバネロの出荷は明日で全て終わり、今年は完売になります。
そしてジョロキアが、そろそろ出荷スタート。
でもこんな辛いのを世に売りに出していいものやら。
心境複雑ですが…お手に取ったお客様は何卒取り扱いにはご注意下さいませ。
正しく扱っていただければ、なかなか楽しめる一品ですよw

ジョロキア

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。