FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近、急に寒かったり急に暖かかったり変な天気が続いてますね。
寒さも幾分和らいで、敏感な植物たちは冬から春に向けて少しづつ動きだしていました。

こないだまでロゼットだったアンドロサセも、花首を伸ばしていました。
蕾がついてるなと思っていたら、気付けば可愛らしい白い花。
以前、モンゴルに行ってきたときの固体で。
もう3年になるのに、毎年可愛い花を咲かせてくれます。
アンドロサセは大好きな花の1つです。
andorosace ssp.
Andorosace ssp.

こちらはサクラソウ科のディオニシア・アレチオイデス。
ふわふわとした柔らかい葉から、春先には目立った黄色い花を咲かせます。
夏場はだいぶ暑がったけど、なんとか越えて二年目の開花が見れました。
雨を避けて蒸れないようにすれば毎年楽しめそうです。
でも、少し痛んで株が小さくなったかな。
Dionysia aretioides
Dionysia aretioides

キスミレも満開。
これは韓国原産の韓国キスミレで流通しているキスミレです。
去年、根で輸入して株分けでだいぶ増えました。
他のキスミレ系よりも丈夫で育てやすいのでオススメです。
花付きもキスミレが一株に1・2輪に対し、韓国キスミレはボリューム感があります。
富士山周辺のキスミレは本当に育てにくく、まだ阿蘇のキスミレのほうが育てやすいです。
それよりさらに育てやすい韓国キスミレ。育てやすいに越した事はないね。
キスミレはなんともいえない魅力があります。
韓国の原産地見に行ってみたいなぁ。
viola orientalis
韓国キスミレ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。