FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再び移動して、やや標高のある高原へ。
標高がある程度高くなると見られるスミレがこのミヤマスミレ。
一面にびっしりとミヤマスミレが花を咲かせていました。
写真を撮ろうとすると踏んでしまいそうなくらいでした。
その周辺では、ミヤマ×ヒナやフギレミヤマなどの交雑種もありました。
ミヤマスミレ

日当たりの良いなだらかな丘では、アケボノスミレが咲いていました。
花が咲く頃には、葉が展開しきっていないので、そういったポイントで同定できます。
この固体は、まったく葉が出ていませんでした。
アケボノスミレ

その近くでは、スミレの女王の異名をもつサクラスミレも花盛り。
その名の通り気高さを感じさせる美しい花を咲かせます。
見付けた瞬間ハッとさせられる魅力のあるスミレです。
サクラスミレ

ヒナスミレも終わりかけの花をなんとか見せてくれました。
ヒナスミレ

個体数が少なく、開花株に出会えるかどうか不安でしたが。
同行していた方がなんとか開花しているシコクスミレを見つけてくれました。
その付近では子株がチラホラ見られたけど、開花しているのは2、3株でした。
見つけてくれた方に感謝感謝です。
シコクスミレ

今回は、他のスミレ会の方々には大変お世話になりました。
また来年お会いするのが楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。